藤田菜七子騎手から直接握らされた物は!?

2018年2月17日の小倉競馬3日目に、ついに藤田菜七子騎手が勝利を挙げた!

小倉競馬6レースのダート1700メートルで、トリプライト号に騎乗し捲り勝ちを決めた藤田菜七子(^-^)

次のレースは騎乗しないし、ウイナーズサークルのサイン台の近くの1番前を確保してるから、サインは余裕で貰えると思ってたが・・・・

な、なんと!?サインは貰えなかった(>_<)

現実は甘くない(T_T)

だって、藤田菜七子騎手がサイン台の前から動かないんだもん(>_<)

「こっちにも、お願いしまーす」って声かけも虚しく、こっちに来ることなく職員から耳打ちされて藤田菜七子騎手のサイン書きは即終了!

書かれたサインの枚数は、計6~8枚くらいかな。

だがしかし、そこからビックリな展開が待っていたのだ!!

帰り際に、サイン色紙を持って手を伸ばしてた自分の掌の中に、藤田菜七子騎手から直接ある物を握らされたんだよ!Σ(゚Д゚)

その、ある物とは・・・・コレだ!2018年2月17日 藤田菜七子から手渡し馬番号札_GF

何か分かる?

藤田菜七子_GFこれはサンプル画像だけど、この様に頭絡に付けられてるレースに出る馬の馬番の札だよ!

直接、掌の中に握らされた時の映像や画像は無いけど、口取り後に厩務員さんから藤田菜七子騎手へ馬番号の札を渡されてるのは、撮影してた中にあったから、分かりにくいけど一応これが証明ね(笑)2018年2月17日 藤田菜七子 馬番号札_GF_1

サインは貰えなかったけど、意外過ぎるものが貰えて良かったんだか悪かったんだか(^^;)

残念なのは、「10」という番号以外何も書かれてないのがね・・・

せめて、日付やレース番号も入ってたら、確実に自慢出来るのだが、ただの馬番号だけなので、自分の中の思い出にしかならない(^^;)