2月26日 デアリングタクトの近況更新

2021年2月26日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているデアリングタクトの近況が更新された!

更新された内容によると、「松山騎手が追い切りを終えて『しっかりと動けてはいたものの、ちょっと気が入っていて、動きのなかにまだ力みが感じられました。ただ、休み明けはいつもこうですし、レースまでもう2週あるので力みが抜けてくれば』と感触を口にしていた。暖かい時期に比べると良化度はややスローかなと感じさせるが、それは昨年もまったく同じ。いいフットワークで走れていたし、来週はさらに良くなってくると思う」とのこと。

2週前追い切りは、タイムは普通に出てたしいつも通りだったね(^-^)

ただ、追い切り写真見ると、冬毛はあるし良化途上というのも納得。

ジャパンカップの時は、1週前の立ち姿写真で筋肉の張りが無かったから、今回は立ち姿でどれくらい筋肉の張りが見られるかどうか・・・

結局、当日も馬体重減らすなどパンプアップ出来ずに負けてしまったし、出来が悪かったというのは写真で見て分かりやすいタイプなんだろうね。

だからこそ、今回1週前の立ち姿でどれだけの出来にあるか楽しみでもあり不安でもある。

なんせ、冬毛がまだある状態だし・・・

とにかく、順調にね!