3月16日放送の先週の結果分析

2020年3月16日にグリーンチャンネルで放送された「先週の結果分析」

ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているデアリングタクトが桜花賞へ出走を表明しており、ライバル達の評価が気になるのでフィリーズレビューとアネモネステークスとファルコンステークスがどういう評価をされるのかをチェック!!

フィリーズレビューのレベルは、タイムは「Bランク」でメンバーは「Cランク」となっている。

勝ち馬エーポスは、「今回のペース、距離でも行きたがってたので、桜花賞での阪神外回りだと不安が大きい」とのこと。

2着ヤマカツマーメイドは、「今回が勝負と思わせる仕上がり。本番の距離ではプラスは無いと思う」とのこと。

3着ナイントゥファイブは、「距離短縮でスピードを活かせた」とのこと。

「3頭ともマイルより距離短縮で結果を出したので本番ではどうかな」とのこと。

アネモネステークスのレベルは、タイムは「Cランク」でメンバーは「Dランク」となっている。

勝ち馬インターミッションは、「ディープインパクト産駒なので、阪神の外回りは合いそう」とのこと。

ファルコンステークスのレベルは、タイムは「Cランク」でメンバーは「Cランク」となっている。

勝ち馬シャインガーネットは、「距離短縮が良かったようだし、時計のかかる馬場も良かった。1600なら脚を溜めた方が良い」とのこと。

一応、今回の3レースの馬達はそこまで本番で注意すべきではなさそうな評価だったね(^-^)