WBC侍ジャパン準決勝で敗退

日本時間の2017年3月22日に行われた野球の世界一を決める戦い、ワールドベースボールクラシック2017の準決勝が今朝行われ、日本代表の侍ジャパンは地元アメリカ代表に2対1で負けてしまった・・・・

雨の中行われた準決勝、日本対アメリカの試合は手に汗握る投手戦となり、なかなか点が入らない。

その上、試合中は何度もビデオ判定が行われたりと、日本のプロ野球とは異なり、いちいちビデオ判定すんのかい!?ってくらいビデオ判定が多用されてた(^^;)

松田の横っ飛びからの見事なダブルプレーかと思わされたプレーでも、ビデオ判定の結果セカンド菊池が松田からの捕球の際にベースから足が離れてキャッチしたって事でダブルプレーじゃなくなってセカンドセーフになったりと、判定が覆るシーンもあった!

個人的には、ビデオ判定はホームラン以外のプレーでもアリだとは思うが、回数制限はあった方が良いなとは思った!

先制したのはアメリカ代表・・・セカンド菊池が真正面のゴロを弾き、2塁までランナーを出すエラーをし、そのランナーを返す形で失点された。

それでも、そのエラーして先制のきっかけを与えた菊池が同点のソロホームランを放ち、ミスを取り返す形となった。

同点の中、ホークスの千賀が7回から登板!

小久保監督から全幅の信頼を寄せられてるだけに、その期待に応えて7回は3者連続三振という圧巻の内容でアメリカデビューを果たした!

8回も先頭打者を三振で仕留め、このままポンポンと行くか?と思わせたが、そう簡単にはいかずに連打をくらい、1アウト2・3塁のピンチを招くと・・・・

続く打者を何でもないサードゴロに打たせ、3塁ランナーがホームに突っ込んで来てるので、余裕でホームタッチアウトでしょと思ったところ、何を焦ったのかサードの松田がグラブに収められずに落球し、ホームを諦めファーストをアウトにするのが精いっぱいとなってしまい・・・・

松田のエラーにより、アメリカに勝ち越し点を与えてしまった・・・

結局、この松田のエラーにより失点したのが決勝点となり、侍ジャパンは悔しい準決勝での敗退となってしまった。

こういう試合は、ミスした方が負けと昔から散々言われてきてるが、、今回はまさにその通りの結果になった。

取られた2失点が、ミス絡みでの失点だっただけにね・・それが無ければどうなっていたか・・・

しかもさ、決勝の点がホークス勢での失点がね・・・投げて打たれたのが千賀で、与えたのが松田のエラーで・・・

千賀も松田も責任感じて、メンタルやられなきゃいいけど・・・これから日本ではシーズンが始まるから、立ち直ってもらわなきゃ困る訳で(>_<)

内川に関しては、このWBCの大会ではきっちりと仕事こなして、絶好調やったね(笑)

ちゃんと控えという意識でいたみたいで、それが良かったのかバッティングもチームバッティングに徹しててさ!

これがホークスに帰ってきても同じ気持ちでいてくれると嬉しいんだが・・・

ホークスでは「俺様」が出ちゃって、強引なバッティングになり、去年なんて併殺王だったもんね(^^;)

だから、侍ジャパンでの気持ちを忘れずに、ホークスでも謙虚に黒子に徹してさ、「俺が」じゃなくて「繋ごう」「回そう」っていう気持ちで常に打席に入って欲しい!!!

なんにせよ、4強止まりじゃなくてアメリカ相手でも勝てそうな試合だっただけにものにして欲しかったが、負けてしまって残念だ・・・

今後は小久保監督はどうなるのかは分からんが、ホークスの監督はご遠慮願いたい!

広告