2月8日デアリングタクトのレース後コメント更新

2020年2月8日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているデアリングタクトのレース後のコメントが更新された!

本日、京都競馬第10レースエルフィンステークス(牝馬限定・芝1600m・OPリステッド)に松山弘平騎手で出走し、結果は12頭立ての1着だったデアリングタクト!

騎乗した松山騎手によると、「凄く強かった。初戦でキレる脚が使えることは分かっていたので、持ち味を生かす競馬を。オープンのペースも対応でき、リズム良く運べた。直線では物凄くいい脚を使ってくれたが、まだ余裕もあり着差以上に強かった。今後が非常に楽しみな馬」とのこと。

パトロールビデオを見たが、隊列が決まってから終始内から4~5頭分外目を走らせていて、1度も馬の後ろに入れなかったのは何でだろう?

芝が剥げてるから、前の馬が蹴り上げる芝・砂とかを被るのを避けたかった騎乗かな?

そういうもんだから、ほんと終始1頭だけ大外回ってきた競馬であの強さ(笑)

今日のメンバーでは、相手にならなかった(^-^)

まだ一線級とやってないから、力がどれくらいかは分からないけど、重賞でも勝ち負け出来る力はあるとは思ってる(^-^)

で、ノルマンディーさん!

今すぐ、デアリングタクトの1歳全妹を買っといて~~~(>_<)

1つ下はセリに出されてたのにスルーしやがったし(--〆)

何が何でも庭先で1歳馬はキープしないとね!(すでに買い手がついてるのなら仕方ないけど・・・)

次走は、いくら余裕で勝ったとはいえ、成長を考えるとトライアルはスルーして直行でお願いします!