7月31日 デアリングタクトの近況更新

2020年7月31日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているデアリングタクトの近況が更新された!

更新された内容によると、「現在は、馬場と坂路で調整中。乗り出し直後はやや疲れが窺えたものの、この中間は日に日に調子が戻ってきた。到着当初と比べると毛ヅヤや馬体の張りも随分と良くなっている。調教でも、トモを使えるようになってきている。ただ、良い時と比べると動きにまだ若干硬さは感じられるので、宇治田原へ移動するまでに、もう一段階状態を上げていきたい」とのこと。

宇治田原への移動は来週かな?と予想。

ローズステークス使うかどうかを見るには、宇治田原にはレースの1か月以上前には移動してなきゃだしね。

ただ、ローズ使うと初の中3週になるし、大一番に向けてやったことない間隔で更には在厩での調整!

初物尽くしでやらなくてはならないと、結構不安になる要素が多いのでぶっつけ本番が望ましい!

なにより、1戦ごとに反動出ちゃうタイプだから、間隔詰めて使うのは秋華賞後にやればよい!

そうすれば、秋華賞後は中3週でエリザベス女王杯にも使えるし、その後の有馬記念にも向かえる。

ローズステークス使うと、中3週で秋華賞、それからまた中3週でエリザベス女王杯っていうローテはないから、ジャパンカップか有馬記念かになる。

やっぱ、秋はG13戦が望ましいね(^-^)


コメント投稿は締め切りました。