サイン会の問題点!ホークスファンフェスティバル2015

2015年11月23日にヤフオクドームで行われた、福岡ソフトバンクホークスファンフェスティバル2015のサイン会に参加して思った問題点を書いていこうと思ってる。

(※あくまでも、今回参加して目で見て感じた疑問点であり、実際不正が行われてたのを目撃したわけではないので勘違いしないでね!これは、個人の感想です!)←よくCMで小さな文字で書かれてる文言を真似てみた(笑)

その問題点は、入場の際のチェック方法があまりにも簡単で不正しようと思えば出来ちゃうであろう点だ!!!

チェック方法は、

①当選メールをプリントアウトして持っていく。

②当選メールをその場で携帯の画面で見せる。

その際、本人確認等はなく、①の用紙は回収されるが②の画面で見せる場合は見せて終わり。

誰が入場したのかとか、チェック表とかもなくて係の人の目視だけだからね。

①の用紙の場合回収されるので、ファンフェスティバル終了後不正がなかったか回収した用紙の中に複数枚同じのが無いか確認作業しているかもしれないので①で不正を働くのは勇気がいると言うかやりにくいと思う。

が、②の携帯画面での確認では、自分が傍から見たところ画面を見せて終わりだったので、これならいくらでも不正は可能だと思う!

例えば、時間内であれば最初は少ない列に行ってサインを貰う。でもまだ時間に余裕があるから、また別の入口に行って画面見せれば列に並ぶことは可能だ。

それだけではない。当選メールを転送しまくれば、沢山の人が1つの当選メールで入場可能だと言う事!

それ以外でも、例えば4人で行き、1つの当選メールでプリントアウトしたのを1枚、1つの携帯で直接当選メールを見せれば、その4人は入れちゃう。

などなど・・・・

ぶっちゃけ、やろうと思えば不正し放題!

他にも普通にヤフーオークションでサイン会の当選権利を出品し売買が行われてるし。

ズル賢い人ならオークションで落札者にはプリントアウトしたのを送っても、出品者自身は携帯で当選メール見せれば入れちゃうであろう現状のシステムを悪用すれば・・・1つの当選メールで、自分もサインが貰えて尚且つお金も入ってくる・・・

1回でもサイン会に参加したことある人なら、これくらいの不正方法は簡単に思いつくだろう。

もちろん、主催者は参加者の良心に任せてるとは思う。

が、ここまで確認方法が簡素過ぎるのもなんだかなぁ~って思う。

今までトラブルがあったのかなかったのかは分からないけど、もうちょい確認作業はキッチリしていてもいいんじゃないかと思う!

だって、抽選で選ばれなくて悔しい思いしてる人がいる。

一方で、1つの当選メールを仲間内でメール回し合いオイシイ思いしてる人達がいるかもしれない・・・(※あくまで、そう連想出来ちゃう)

実際に不正するような人はいないだろうが、簡単にそう連想させるだけのチェック体制はマイナスなのではないのか!?

そこで、自分はこんな方法を取り入れるのはどうかと提案してみる!

1、サイン会入場口を1つにして、当選者を表と照らし合わせてチェックしてから入れる!

ただし、当選人数多いとチェック時間がめちゃくちゃかかるから却下だろうね(笑)

まぁ、この案は別に置いといて本命の案はコレだ!

2、当選メールにバーコードを入れる!

入口でその当選メールに書かれてるバーコードを読み取れば、初入場なのか2度目の入場なのかチェックでき、2度目の人なら入場防げるし、これなら時間もかからない上に4つの入口に分かれてても機械がチェックしてくれるので不正入場も防げると思う!

バーコードの読み取りが悪ければ、バーコードの下の番号を端末に入力すればいいし、親会社がソフトバンクならそれくらいのシステム機械はすぐに導入できるよね(笑)

入場をバーコードチェックにしちゃえば、当選メールも使い回せないしそれにより不正も防げるし、どうですか!?

費用は掛かっても、導入の余地ありじゃない?(*^-^*)

以上、ファンフェスティバルのサイン会での問題提起でした!

広告


コメント投稿は締め切りました。