武豊、朝日杯2着で平地G1完全制覇ならず・・・

2015年12月20日に阪神競馬場で行われた2歳G1、第67回朝日杯フューチュリティステークス

このレースで、エアスピネル号に騎乗する武豊騎手は、JRA平地G1完全制覇なるか!?と、大注目の一戦!

その大記録が見たいとの期待が、単勝1倍台に表れたんだろう!

パドックでは、エアスピネルは小走りしたりとチャカってた・・・

テレビ画面で見てて、あまりその姿は良い気がしなかった。

レースでは、前を見る形で中団待機

4コーナーでは、前をとらえる形で自然と押し上げる形に!!

多少、左右の馬と馬体を接触しながら直線に向くと持ったまま先頭へ!

手応え的にも、このまま突き抜けるかなと思ったが、見てる印象ではそれほど切れた印象はなく、後方待機をしてたリオンディーズ号が大外からグイグイと迫って来て、馬体を併せるもエアスピネルは抵抗できずに交わされて2着・・・

勝ち馬のリオンディーズは、2戦目でのG1制覇!

ゴールした瞬間、何だか有馬記念でディープインパクトがハーツクライに負けた時のような感覚に思えた・・・

テレビ画面を通してでも、しらけっぷりは感じられたし・・・

武豊騎手も泣きたい気分だっただろうが、見てる自分も同じくらい悲しくて凹んだね・・・伝説を作って欲しかったし、その大偉業達成が見たかった・・・残念(>_<)

広告


コメント投稿は締め切りました。