武井壮の鉄人列伝「武豊」の感想

2016年4月6日に放送された、武井壮の鉄人列伝「騎手 武豊」を見た感想を書くね!

放送は50分間で、武井壮が武豊に課題として出された駈歩を習得するために乗馬レッスン受けるシーンもあり、まるまる50分間武豊が出てたわけじゃないけども、武豊とのトークではなかなか興味深い話が聞けた。

特に印象に残った言葉は、「レースでは、自分のやりたいレースをする!」というフレーズだ。

調教師からの指示とかも当然あるけども、それでも自分がやりたいレース・思い描いたレースをせずに終えることが何よりも嫌だと言う事。

負けた時に何が一番悔しいかと言う時に、「自分が思ってたレースをやらずに負けた時が一番悔しい」と言ってて、コレを聞いた時は「かっけ~~~(#^.^#)」って思ったし、自分が馬主ならやっぱ武豊に乗って欲しいわと思った瞬間だった。

他には、「良い馬に乗るには、そういう馬に乗れるように周りから認められるジョッキーにならなければいけない」と言ってたこと。

つまりは、エージェントの力がどうとかじゃなくて、関係者から素質馬に乗せたいと思われる(指名される)ジョッキーじゃなきゃ意味がなく、その信頼を得るには目の前の1つ1つのレースで結果を出すしかないと思ってる所もまたカッコいいよね!

これからも、そんなカッコいい武豊のファンでい続けるよ!(^^)/

広告


コメント投稿は締め切りました。