2月5日デアリングタクトの想定

2020年2月5日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているデアリングタクト!

ノルマンディーの「想定のお知らせ」にデアリングタクトの名前もあり、2月8日京都競馬第10レースエルフィンステークス(牝馬限定・芝1600m・OPリステッド)に松山弘平騎手で想定されていた。

想定では、フルゲートに満たない為出走可能。

どうやら12頭前後におさまりそうだし、頭数がそんなに多くならなそうで良かった(^-^)

今朝は、キャロの良血馬の1頭ファーストフォリオの記事が目立ってたね。

個人的には、この登録メンバーなら戦ってきた相手や崩れない成績を残してるヴィースバーデンが1番の強敵だと思う!

次いで、キャロの良血馬のもう1頭武豊騎手騎乗予定のライティア!

調教でも良い時計出してるし、怖いね!

あとは、どんな条件でも崩れない未勝利脱出したウインマイティー!

他にも、リネンファッションやマイペースで行かれた時に怖いスマートリアンなど、やられてもおかしくないメンバーが揃っている(>_<)

出来たら、団子状態で進み、直線だけの瞬発力勝負になってくれたらありがたい(笑)

キレは、どの馬にも負ける気がしないし(^-^)

嫌な展開は、道中よどみなく流れ、流れに乗り過ぎた為に脚を溜めれず直線アラアラってなるのが嫌だ(>_<)