5月27日 デアリングタクトの怪我は全治9ヵ月!?

2021年5月27日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているデアリングタクトの診断結果が出たみたい。

昨日の水曜日に帰厩し、栗東で診断を受ける予定だったデアリングタクト。

スケジュール的には木曜日に診断を受けるんじゃないかと思ってたけど、日刊スポーツから「無敗3冠牝馬デアリングタクト右前脚負傷は全治9カ月 年明け復帰目指す」との記事が出てた!

https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=202105260000661&year=2021&month=5&day=27

なので、帰厩してからすぐに診断を受けたんだろうね。

そして、記事の内容からだと右前脚の体部繋靱帯炎で全治9カ月とのこと。

現役続行で、来年の春の復帰を目指すらしい。

正直、調教師が初めて目にしたという珍しい箇所の繋靭帯炎とのことなので、もっと時間がかかることを覚悟していたが、思ってたよりは復帰目標が早くて良かったなと思う(^-^)

まっ、それでも無事に行っても1年後にしかデアリングタクトの走るところが見れないんだけどさ(^^;)

でも、再発の危険性が隣り合わせの怪我とはいえ、来年の春のシーズンで見れるかも?と思えれば少しは元気が出たよ(^-^)

とにかく、早く良くなってね!